日本哲学会応募論文公募要領(日本語論文)

日本哲学会機関誌『哲学』掲載応募論文の公募要領です。

当学会は機関誌『哲学』に掲載する論文を募集しております。論文を投稿しようとする会員は、下記の要領で応募してください。尚、新規投稿時に35歳以下の方は「若手研究者奨励賞」及び「林基金若手研究者研究助成」の審査対象となります。 

日本哲学会応募論文公募要領(2017年5月改訂)

1. 論文テーマ

  哲学に関するもの。ただし(使用言語が何であるかにかかわらず)未公刊のもの、応募の時点で他の学会誌などに投稿中ではないものに限ります。

2. 応募資格

 当年度までの会費をすべて納入済みの日本哲学会会員であること。ただし、前年度の『哲学』に公募論文が掲載された者を除きます。
※共同執筆の場合、執筆者全員が会員である必要はありませんが、筆頭著者は会員に限ります。
※未入会の場合はご応募と同時に入会申込書をご提出いただき、「入会手続き中」として審査を行います。

3. 執筆要領

 以下の形式で応募して下さい。
(1) A4判で40 字 × 40 行でレイアウトして (改行などによるスペースも含めて) 10 枚以内。
(2) タイトル、注および文献表も、(1)に定めたのと同じ条件で印字し、(1)に定めた容量に含む。
(3) 注についてはワープロ・ソフトの脚注・後注いずれの注作成機能も使わずに、論文末にまとめて記すこと。
※  1行40字という設定は漢字と仮名を基準としたもので、英数字などは1字と数えず、ワープロ・ソフトの自動字送り処理等に任せてよい。ただし応募者は、紙媒体に印刷された応募論文の漢字と仮名だけの行を数えて一行40字でレイアウトされているかどうかを必ず確認すること。
(4)欧文要旨 300語程度の欧文要旨 (英・独・仏語のいずれか) とその日本語訳を作成すること。要旨も評価の対象ですので、使用言語を母語とする人による校閲を必ず受けてください。
(5)審査の方法は匿名による審査です。匿名性の確保のため、以下の点に留意して執筆・投稿してください。
  ※ 論文、欧文要旨とその日本語訳のすべてに、氏名と所属を記載しないでください。
  ※ 自著を参照する場合も、「拙論」「拙稿」といった記載をせず、他の文献と同様に指示してください。
  ※ 氏名、所属、自著についての情報は、掲載が決定した後に入れていただきます。

4.提出物 次の(1)(2)の両方を提出してください。

(1)印刷物
 ・原稿(上記(3)の執筆要領に従ったもの) 一部
  応募原稿には、氏名、ふりがな、所属機関名は記載しないこと。
 ・欧文要旨とその日本語訳 各一部
   A4判用紙に印刷してください。氏名、所属機関名は記載しないこと。
 ・応募論文調書 一部
   指定書式に必要事項をご記入ください。調書の書式 : [pdf ] [word ]
(2)ファイル
   上記「原稿」「欧文要旨とその邦訳」「応募論文調書」のファイル(PDF形式とWORD形式両方)

5. 提出要領

(1)印刷物
    論文原稿、欧文要旨及びその日本語訳、応募論文調書を揃え、封筒の表に「公募論文原稿在中」と明記の上、事務局宛に郵送のこと。(なお、提出された原稿は返却しません。)※ 事務局の住所は日本哲学会ホームページ(http://philosophy-japan.org/about/)にて確認のこと。
(2)ファイル
   論文原稿、欧文要旨及びその日本語訳、応募論文調書を添付ファイル(PDF形式とWORD形式両方)とし、Eメールで日本哲学会事務局(email hidden; JavaScript is required)まで送ること。なお、メールの件名は「日本哲学会公募論文投稿」とする
こと。
(3)提出者情報のフォーム入力

論文タイトルおよび提出者情報等について事務局が指定するフォームに入力し、送信する。

提出者情報入力フォーム
クリックするとフォームが開きます

6.応募期間

 『哲学』次号掲載のための応募期間は6月1日から6月末日です(消印有効)。ただし、その期間内に提出された論文であっても、採用された論文の数が多い場合や、書き直し等により審査に日数を要する場合など、次々号以降に掲載が延期されることもあります。

7. 審査

 編集委員会の責任において、査読者に対して論文執筆者の氏名を示さない匿名審査制で審査・選考します。審査の過程で問題点を応募者に指摘し、書き直しの要求をする場合があります。また、不採用になったものについても、その結果と理由を通知します。
 ※  執筆要領の形式に従っていなかったり、締め切りを過ぎたりするなど、公募要領に従っていない原稿は審査の対象外となりますので、注意してください。
 ※  かつて「不採用」と判定された応募者が、新たに論文を投稿し、この新規投稿論文が旧論文とほぼ同内容と判断された場合は、「二重投稿」とみなされて「不採用」となります。
 ※  ほぼ同内容の論文を和文誌『哲学』と欧文誌Tetsugaku: International Journal の両方に応募することも「二重投稿」とみなされて「不採用」となります。
 ※  書き直し再投稿、字句修正指示を受けた修正稿を提出する場合は、論文原稿、欧文要旨及びその邦訳、論文調書を添付ファイルとしてEメールで日本哲学会事務局まで送付し、印刷物は採用が確定した後指示を受けてからお送りください。
 ※ ご提出いただいた個人情報は厳重に管理し、学会事務に必要な範囲以外で使用することはございません。

2018年度日本哲学会若手研究者奨励賞および『哲学の門』優秀論文賞受賞者の決定について
Call for papers for Tetsugaku vol. 4
第78回大会(2019年首都大学東京)一般研究発表・公募ワークショップ予稿ダウンロード
第78回大会(2019年首都大学東京)
「顔・身体学」主催国際シンポジウム 「トランスカルチャーとは何か?心理学と哲学の協働」(3/2・3/3)
公開シンポジウム「トランスカルチャーとは何か?:心理学と哲学の協働」(3/2-3/4)
シンポジウム「理性から情動へ 〜 AI&データ時代、選択を委ねる人間たち」(3/12・東京)
Tokyo Workshop on Agency and Cognition 2019
フランクフルト大学フォアスト教授講演会(3月、東京・京都)
公開シンポジウム|自己をめぐる冒険〜現象学・ロボティクス・神経科学・精神医学の境界を超えて〜(2/20・21、東京大学)
Paolo Bonardi氏講演会「Dialetheism and Rational Belief」(1/27・大阪大学)
第2回金沢大学国際賞募集のお知らせ(~5/15)
専任教員募集のお知らせ|広島大学
事務局休暇期間のお知らせ|12月31日~1月8日
ゲノム編集による子どもの誕生についての声明
Consciousness Research Network第2回年会開催のお知らせ|1/23-25
若手研究者支援に関するアンケート
教員募集のお知らせ|関西大学社会安全学部(2月末まで)
ワークショップ開催のお知らせ|RATIONALITY, REPRESENTATION, AND REALITY
2018年5月哲学教育ワークショップ資料掲載