機関誌『哲学』公募要領改訂

2016.02.07

このたび、雑誌『哲学』の公募要領が改訂されました。これは、欧文誌Tetsugakuの刊行と会員からの要望によるものです。論文を応募される方は、新しい公募要領に従って応募してください。
なお、主な変更点は以下の通りですので、ご注意ください。
(1)論文に使用する言語
・これまでの雑誌『哲学』には、日本語の論文のみが掲載されます。
・欧文(英語、フランス語、ドイツ語)の論文は、欧文誌Tetsugaku: International Journal of the Philosophical Association of Japanに応募してください。欧文論文の応募要領については、こちらをご覧ください。
(2)受付期間
論文の応募に関して、これまでの随時受付から受付期間を設けることになりました。日本語の論文は6月1日~30日、欧文の論文は、2016年は8月1日~31日です(欧文の論文の受付期間は、2017年以後は日本語の論文と同じになる予定です)。
(3)執筆要領
応募する論文の形式・量についても、従来より規定が明確になりましたので、ご注意ください。