日本哲学会国際交流委員会規定

2012/7/30 掲載 : 日本哲学会事務局

2012年3月10日制定
2012年5月13日施行

(目的)

第1条
この規定は、日本哲学会における国際交流を促進するために、国際交流委員会(以下「委員会」という。)を置き、その必要な事項を定めることを目的とする。

(審議事項)

第2条
委員会は、次の各号に掲げる事項を審議し、理事会の承認のもとに実施する。

(1)国際交流のありかたに関すること
(2)国際交流を円滑に進める活動に関すること
(3)国際交流を進めるための国際交流基金(*)の管理運用に関すること
(4)その他国際交流に関すること
 *「国際交流基金」については別途定める。

(構成員)

第3条
委員会は、原則として会員7名をもって組織し、理事から1名以上、事務局から1名が入るものとする。

2 委員会に委員長及び副委員長を置く。
3 第1項の委員及び委員長、副委員長は、理事会が任命する。

(召集と議長)

第4条
委員会は、委員長が召集し、その議長となる。

2 委員長が不在のときは、副委員長が議長の職務を代行する。

(委員の任期)

第5条
委員の任期は、2年とする。ただし、再任は妨げない。

(委員以外の者の出席)

第6条
委員長は、必要に応じ委員以外の者を出席させて意見を聞くことができる。

(議事録及び報告)

第7条
委員長は、議事録を作成し、理事会及び評議会に報告するものとする。

(庶務)

第8条
委員会の庶務は、事務局が処理する。

附則
この規定は2012年5月13日から施行する。

世界哲学会議(WCP)招致に関する寄附のお礼と会計報告について
第78回大会(首都大学東京)を開催しました
アメリカ哲学フォーラム第六回大会|6月22日-23日、京都大学
国際フッサール・カンファレンスの開催(静岡大学:5月30、31日)
保護中: 日本哲学会 理事 会計監査 評議員選挙結果について
春の会員連絡、『哲学』等送付について
会費減額適用申請受付中(締め切り5月末日)|申請フォーム
『哲学の門:大学院生研究論集』第1号公開のお知らせ
2018年度日本哲学会若手研究者奨励賞および『哲学の門』優秀論文賞受賞者の決定について
Call for papers for Tetsugaku vol. 4
第78回大会(2019年首都大学東京)一般研究発表・公募ワークショップ予稿ダウンロード
第78回大会(2019年首都大学東京)
「顔・身体学」主催国際シンポジウム 「トランスカルチャーとは何か?心理学と哲学の協働」(3/2・3/3)
公開シンポジウム「トランスカルチャーとは何か?:心理学と哲学の協働」(3/2-3/4)
シンポジウム「理性から情動へ 〜 AI&データ時代、選択を委ねる人間たち」(3/12・東京)
Tokyo Workshop on Agency and Cognition 2019
フランクフルト大学フォアスト教授講演会(3月、東京・京都)
公開シンポジウム|自己をめぐる冒険〜現象学・ロボティクス・神経科学・精神医学の境界を超えて〜(2/20・21、東京大学)
Paolo Bonardi氏講演会「Dialetheism and Rational Belief」(1/27・大阪大学)
第2回金沢大学国際賞募集のお知らせ(~5/15)