日本哲学会web論集『哲学の門:大学院生研究論集』応募論文公募要領

未入会の方は、「仮入会」として受付ます。入会申込書もご提出ください。

日本哲学会では、大学院生を応募対象としたweb論集『哲学の門:大学院生研究論集』を発行しています。
 論文を投稿しようとする会員は、下記の要領で応募してください。

1 論文テーマ
 哲学に関するもの。ただし、(使用言語が何であれ)未公刊のもの、他の学会誌などに投稿していないものに限ります。

2 応募資格
 以下の二つの要件の両方を満たす者
 (1) 当年度までの会費をすべて納入済みの日本哲学会会員であること。
 (2)  大学院修士課程(博士課程前期)在籍者。または大学院博士課程(博士課程後期)在籍者で在籍中の博士課程(博士課程後期)入学後2年以内の者
  ※ 共同執筆の場合も、執筆者全員が上の二つの要件を両方満たす必要があります。

3 執筆要領
 以下の形式で応募してください。
 (1) A4版で作成してください。
 (2)  字数は、日本語の場合は(注も含めて)、一万字以上、一万二千字以内。英独仏語による場合は(注も含めて)、三千語以上、三千八百語以内。
 (3)注についてはワープロ・ソフトの脚注・後注いずれの注作成機能も使わずに、論文末にまとめて記すこと。
 (4)タイトルと文献表を付してください。タイトルと文献表は字数に入りません。
 (5)審査の方法は匿名による審査です。匿名性の確保のため、以下の点に留意して執筆・投稿してください。

 ※ 論文には、氏名と所属を記載しないでください。
 ※ 自著を参照する場合も、「拙論」「拙稿」といった記載をせず、他の論文と同様に指示してください。
 ※ 氏名、所属、自著についての情報は、掲載が決定した後に入れていただきます。

4 提出要領
 (1)  ファイルおよび提出者情報等について事務局が指定するフォーム(以下)に入力し、送信する。

調書の書式 : [pdf ] [word ]
論文テンプレート[word] ※必ずテンプレートを使用してください

提出者情報入力フォーム


5 応募期間
  『哲学の門:大学院生研究論集』次号掲載のための応募期間は八月一日から八月末日です。ただし、その期間内に提出された論文であっても、書き直し等により審査に日数を要する場合など、次々号以降に掲載が延期されることもあります。

6 審査
  編集委員会の責任において、査読者に対して論文執筆者の氏名を示さない匿名審査制で審査・選考します。審査の過程で問題点を応募者に指摘し、書き直しの要求をする場合があります。書き直しの機会は一回です。また、不採用になったものについても、その結果と理由を通知します。
 ※   執筆要領の形式に従っていなかったり、締め切りを過ぎたりするなど、公募要領に従っていない原稿は審査の対象外となりますので、注意してください。
 ※   かつて「不採用」と判定された応募者が、新たに論文を投稿し、この新規投稿論文が旧論文とほぼ同内容と判断された場合は、「二重投稿」とみなされて「不採用」となります。
 ※   審査において採用とされ、掲載された論文について、それを発展・展開したものを日本哲学会和文誌『哲学』または欧文誌Tetsugaku: International Journal に応募することができます。
 ※   書き直し再投稿、字句修正指示を受けた修正稿を提出する場合は、論文原稿、論文調書を添付ファイルとしてEメールで日本哲学会事務局まで送付してください。
 ※  ご提出いただいた個人情報は厳重に管理し、学会事務に必要な範囲以外で使用することはございません。

7 『哲学の門』優秀論文賞
 採用となった論文のうち、とくに優秀であると評価された論文に「『哲学の門』優秀論文賞」を授与いたします。

世界哲学会議(WCP)招致に関する寄附のお礼と会計報告について
第78回大会(首都大学東京)を開催しました
アメリカ哲学フォーラム第六回大会|6月22日-23日、京都大学
国際フッサール・カンファレンスの開催(静岡大学:5月30、31日)
保護中: 日本哲学会 理事 会計監査 評議員選挙結果について
春の会員連絡、『哲学』等送付について
会費減額適用申請受付中(締め切り5月末日)|申請フォーム
『哲学の門:大学院生研究論集』第1号公開のお知らせ
2018年度日本哲学会若手研究者奨励賞および『哲学の門』優秀論文賞受賞者の決定について
Call for papers for Tetsugaku vol. 4
第78回大会(2019年首都大学東京)一般研究発表・公募ワークショップ予稿ダウンロード
第78回大会(2019年首都大学東京)
「顔・身体学」主催国際シンポジウム 「トランスカルチャーとは何か?心理学と哲学の協働」(3/2・3/3)
公開シンポジウム「トランスカルチャーとは何か?:心理学と哲学の協働」(3/2-3/4)
シンポジウム「理性から情動へ 〜 AI&データ時代、選択を委ねる人間たち」(3/12・東京)
Tokyo Workshop on Agency and Cognition 2019
フランクフルト大学フォアスト教授講演会(3月、東京・京都)
公開シンポジウム|自己をめぐる冒険〜現象学・ロボティクス・神経科学・精神医学の境界を超えて〜(2/20・21、東京大学)
Paolo Bonardi氏講演会「Dialetheism and Rational Belief」(1/27・大阪大学)
第2回金沢大学国際賞募集のお知らせ(~5/15)