第64回大会(2005年一橋大学)

2005/7/3 掲載 : 日本哲学会事務局

開催場所 : 一橋大学 (東京都国立市)
日時 : 2005年 5月21(土)・22(日)

シンポジウム : 「歴史認識と歴史叙述のあいだ」

  • 提題者 : 阿部謹也 一ノ瀬正樹 鹿島徹
  • 司会 : 野家啓一 服部裕幸

共同討議 : 「責任と人権」

  • 提題者 : 碓井敏正 杉村靖彦
  • 司会 : 熊野純彦

特別報告 : 「20世紀言語哲学の帰結と新展開」

  • 報告者 : 山田友幸
  • コメンテーター・特定質問者 : 西山佑司
  • 司会 : 野本和幸

書類ダウンロード

交通アクセス・会場案内・プログラムはこちらから。(すべてPDFファイルです)


※一般研究発表の要領は7月の会員連絡にてお知らせいたします。

 

Tetsugaku, Vol. 3 (2019)
「女性研究者への支援」事業の助成金情報
全国大学院生協議会よりアンケートご協力のお願い
「ショーペンハウアー研究の新世紀へ」第4回国際会議・個人研究発表募集のお知らせ
役員組織(2019-2020年度)
プログラム変更のお知らせ| 「アメリカ哲学フォーラム第6回大会」(6月22日-23日、京都大学)
創価大学・価値論研究会開催のお知らせ
事務局移転のお知らせ
春の会員連絡、『哲学』等送付、誤記について
世界哲学会議(WCP)招致に関する寄附のお礼と会計報告について
第78回大会(首都大学東京)を開催しました
アメリカ哲学フォーラム第六回大会|6月22日-23日、京都大学
国際フッサール・カンファレンスの開催(静岡大学:5月30、31日)
保護中: 日本哲学会 理事 会計監査 評議員選挙結果について
会費減額適用申請受付中(締め切り5月末日)|申請フォーム
『哲学の門:大学院生研究論集』第1号公開のお知らせ
2018年度日本哲学会若手研究者奨励賞および『哲学の門』優秀論文賞受賞者の決定について
Call for papers for Tetsugaku vol. 4
第78回大会(2019年首都大学東京)一般研究発表・公募ワークショップ予稿ダウンロード
第78回大会(2019年首都大学東京)