過去の大会テーマ(1982~2012)

1982年~2012年の大会では以下のようなテーマが取り上げられました。

開催年回数開催校シンポジウムテーマ共同討議・特別報告等のテーマ1共同討議・特別報告等のテーマ2
2012 71 大阪大学 現代を生きる身体 ルソー誕生300年(ルソーを見直す) 必然性・偶然性・自由
2011 70 東京大学 現代における家族/親密圏 ヒュームと現代 サステイナビリティの哲学
2010 69 大分大学 現代における<死> 形而上学再考 哲学史を読み返す〜マルクス
2009 68 慶応大学 格差・平等・国家 リアリティとバーチャルリアリティ 哲学史を読み返す〜ベルクソン
2008 67 広島大学 平和・戦争・暴力 哲学史を読み直す:イスラーム思想の視点から 脳科学と心
2007 66 千葉大学 哲学とはいかなる営みか ジェンダーと哲学 生・死とケアの哲学
2006 65 東北大学 近代哲学のポテンシャル 哲学史を読み直す:スピノザ 人と動物の間
2005 64 一橋大学 歴史認識と歴史叙述の間 責任と人権 20世紀言語哲学の帰結と新展開
2004 63 南山大学 グローバリゼーションという現実 カント哲学の核心―没後200年を記念して 進化論と哲学
2003 62 東洋大学 技術と倫理の根本問題は何か? 知識と懐疑 ナショナリズムと戦争
2002 61 九州大学 生命とは何か? 無限の論理とメタフィジックス 相対主義と普遍主義
2001 60 学習院大学 正義と公共性 自然主義VS反自然主義 自然の時間と歴史の時間
2000 59 立命館大学 行為論の現在 大学教育における哲学の意義 他者と自己
1999 58 上智大学 時代の危機と精神的価値 価値と規範ー合理的概念の再検討 哲学史の時代区分再考
1998 57 金沢大学 人間の尊厳とその侵犯 『数学の哲学』の現在 ハンナ・アーレントの哲学
1997 56 東京都立大学 現代の精神的状況における自我の問題 情報化社会における人間存在 西田哲学への比較哲学的アプローチ
1996 55 山形大学 国家と民主主義―哲学的検討 環境倫理学の哲学的再検討 心の哲学―機能主義の再検討
1995 54 國學院大學 宗教と哲学 超越論敵哲学と分析哲学 デカルト『省察』の再検討
1994 53 三重大学 言語と哲学 自然哲学の現代的意義 他者
1993 52 立正大学 現代の歴史的状況に対する哲学の役割 唯名論ー論理学の視点へ―アベラール表示理論の展開 カント解釈の問題
1992 51 甲南女子大学 存在論の基礎付け 『ポリティコス』篇における「雛形(パラティグマ)の論法 言語起源論の哲学
1991 50 東京大学 社会哲学の課題と展望ー文化における普遍と個別 プラトンのエピステーメー論 ライプニッツと現代
1990 49 新潟大学 科学・哲学・文学―虚構と真実 科学的世界と日常的世界 レヴィナスの哲学
1989 48 上智大学 認識論と認知科学 フィヒテ哲学の現代的意義 現象学の再構築
1988 47 岡山大学 目的論の再検討 カントの道徳哲学 歴史と理性
1987 46 慶応大学 意識と脳―心身二元論をめぐって 言語理解と認識の展開-クワインとウィトゲンシュタイン ドイツ観念論と現代
1986 45 弘前大学 「もの」と「かたち」 西洋思想史におけるいくつかの<霊ー精神>の概念 行為とコミュニケーションにおけるいくつかの<差異>について
1985 44 学習院大学 生命の哲学的命題 西田幾太郎と三浦梅園 人間の言語はどの程度人間に固有か
1984 43 同志社大学 現代文明と人間の問題 罪悪感の現象学 存在と構造
1983 42 早稲田大学 歴史と進歩ーマルクス死後百年にあたって 人格の詩学 分析性をめぐって
1982 41 沖縄国際大学 文化における普遍と特殊 実践哲学の復権をめぐって 直接知覚か非知覚か