About the Philosophical Association of Japan

Constitution and Executive Committee

The Philosophical Association of Japan seeks to promote the study of philosophy and active interaction among researchers from philosophy, working as a forum to discuss on research, education and the role of philosophy in the modern world.

At an annual conference papers are read by individual members as well as by invited speakers for symposia, co-ordinated discussions and workshops.  Many of these are published in the Association’s journal 『哲學』 (Philosophy (Tetsugaku): Annual Review of the Philosophical Association of Japan).

プログラム変更のお知らせ| 「アメリカ哲学フォーラム第6回大会」(6月22日-23日、京都大学)
創価大学・価値論研究会開催のお知らせ
事務局移転のお知らせ
春の会員連絡、『哲学』等送付、誤記について
世界哲学会議(WCP)招致に関する寄附のお礼と会計報告について
第78回大会(首都大学東京)を開催しました
アメリカ哲学フォーラム第六回大会|6月22日-23日、京都大学
国際フッサール・カンファレンスの開催(静岡大学:5月30、31日)
保護中: 日本哲学会 理事 会計監査 評議員選挙結果について
会費減額適用申請受付中(締め切り5月末日)|申請フォーム
『哲学の門:大学院生研究論集』第1号公開のお知らせ
2018年度日本哲学会若手研究者奨励賞および『哲学の門』優秀論文賞受賞者の決定について
Call for papers for Tetsugaku vol. 4
第78回大会(2019年首都大学東京)一般研究発表・公募ワークショップ予稿ダウンロード
第78回大会(2019年首都大学東京)
「顔・身体学」主催国際シンポジウム 「トランスカルチャーとは何か?心理学と哲学の協働」(3/2・3/3)
公開シンポジウム「トランスカルチャーとは何か?:心理学と哲学の協働」(3/2-3/4)
シンポジウム「理性から情動へ 〜 AI&データ時代、選択を委ねる人間たち」(3/12・東京)
Tokyo Workshop on Agency and Cognition 2019
フランクフルト大学フォアスト教授講演会(3月、東京・京都)