日本哲学会会費減額制度

【!重要!】未納の会費がある場合は未納分をご納入後、申請してください。未納がある場合は承認ができませんので予めご了承ください。

日本哲学会では、2014年度より、学生および常勤職にない会員等の年会費を減額する制度を導入しました。この制度の概要は、以下の通りです。

1、会費を払う年度において、学生であるかまたは常勤職にない会員等である場合に申請することができる。ただし、学術振興会の特別研究員およびそれに準ずる身分、収入のある者は除外する。

2、一年を単位として、年会費6000円を4000円とする。

3、減額制度の適用を望む会員は、本会所定の申請書に必要事項を記入し、日本哲学会事務局宛に郵送またはウェブフォームにて提出する。なお申請者は前年度までの会費滞納のないことを要する。

 ウェブフォーム

4、減額制度は一年ごとに適用される。引き続き減額を求める会員は、年度ごとに申請書類を事務局に提出するものとする。前年度の会費が未納の場合には、次年度の割引を受ける資格はない。

5、会費にかかる申請書の提出期間は毎年4月1日~同年5月末日とする。(必着)その期間内に申請を済ませること。申請者には事務局より減額の可否を記載のメールアドレスに通知する。(メールアドレスの記載のない方には郵送する。)当年度会費は事務局からの通知後に支払うものとする。

                                以上

申請書はこちらからダウンロードできます。年度途中に入会された方で会費減額の対象となる方は、入会後一ヶ月以内に会費減額の申請を受け付けます。詳細は入会後個別にご連絡いたします。

会費減額申請書  会費減額申請書(PDF)

申請頂いてから、内容を審査させていただく時間の都合上、減額承認の返答は6月以降に順次実施いたしますので予めご了承くださいますようお願い申し上げます。

American Philosophical Association Pacific Division(オンライン大会)日本哲学会共催セッション|4/9
『哲学の門:大学院生研究論集』第3号(ONLINE ISSN 2435-3639)
秋季大会開催について|2021年9月19日(日)
2021年度の会費減額措置について|2021年度限定コロナ禍減額制度
2021年大会開催形式変更について|オンライン(Zoom開催)
2020年度日本哲学会若手研究者奨励賞および『哲学の門』優秀論文賞受賞者の決定について
一般研究発表応募要項 
第80回大会一般研究発表・公募ワークショップ予稿ダウンロード
第80回大会(2021年)
第9回(2020年度)若手研究者助成対象者
子どもの哲学国際研究会のお知らせ
筑波大学人文社会系「日本思想」教員(助教もしくは准教授、常勤)の公募
日本哲学系諸学会連合(JFPS)共同声明
第3回金沢大学国際賞
11/21|日本哲学会×哲学オンラインセミナー共催ワークショップ 「抽象と概念形成の哲学史──古代から現代へ──」(連続講演)
日本哲学会理事会・緊急声明
会員連絡(202010)
臨時大会評議員会資料
日本哲学会臨時大会|総会議事録・資料
臨時大会ページへのアクセス方法