日本哲学会会費減額制度

日本哲学会では、2014年度より、学生および常勤職にない会員等の年会費を減額する制度を導入しました。この制度の概要は、以下の通りです。

1、会費を払う年度において、学生であるかまたは常勤職にない会員等である場合に申請することができる。ただし、学術振興会の特別研究員およびそれに準ずる身分、収入のある者は除外する。

2、一年を単位として、年会費6000円を4000円とする。

3、減額制度の適用を望む会員は、本会所定の申請書に必要事項を記入し、日本哲学会事務局宛に郵送またはウェブフォームにて提出する。なお申請者は前年度までの会費滞納のないことを要する。

4、減額制度は一年ごとに適用される。引き続き減額を求める会員は、年度ごとに申請書類を事務局に提出するものとする。前年度の会費が未納の場合には、次年度の割引を受ける資格はない。

5、会費にかかる申請書の提出期間は毎年4月1日~同年5月末日とする。(必着)その期間内に申請を済ませること。申請者には事務局より減額の可否を記載のメールアドレスに通知する。(メールアドレスの記載のない方には郵送する。)当年度会費は事務局からの通知後に支払うものとする。

                                以上

申請書はこちらからダウンロードできます。年度途中に入会された方で会費減額の対象となる方は、入会後一ヶ月以内に会費減額の申請を受け付けます。詳細は入会後個別にご連絡いたします。

会費減額申請書  会費減額申請書(PDF)

保護中: 日本哲学会 理事 会計監査 評議員選挙結果について
春の会員連絡、『哲学』等送付について
会費減額適用申請受付中(締め切り5月末日)|申請フォーム
『哲学の門:大学院生研究論集』第1号公開のお知らせ
2018年度日本哲学会若手研究者奨励賞および『哲学の門』優秀論文賞受賞者の決定について
Call for papers for Tetsugaku vol. 4
第78回大会(2019年首都大学東京)一般研究発表・公募ワークショップ予稿ダウンロード
第78回大会(2019年首都大学東京)
「顔・身体学」主催国際シンポジウム 「トランスカルチャーとは何か?心理学と哲学の協働」(3/2・3/3)
公開シンポジウム「トランスカルチャーとは何か?:心理学と哲学の協働」(3/2-3/4)
シンポジウム「理性から情動へ 〜 AI&データ時代、選択を委ねる人間たち」(3/12・東京)
Tokyo Workshop on Agency and Cognition 2019
フランクフルト大学フォアスト教授講演会(3月、東京・京都)
公開シンポジウム|自己をめぐる冒険〜現象学・ロボティクス・神経科学・精神医学の境界を超えて〜(2/20・21、東京大学)
Paolo Bonardi氏講演会「Dialetheism and Rational Belief」(1/27・大阪大学)
第2回金沢大学国際賞募集のお知らせ(~5/15)
専任教員募集のお知らせ|広島大学
事務局休暇期間のお知らせ|12月31日~1月8日
ゲノム編集による子どもの誕生についての声明
Consciousness Research Network第2回年会開催のお知らせ|1/23-25