日本哲学会会費減額制度

【!重要!】未納の会費がある場合は未納分をご納入後期日までにご申請ください。未納がある場合は承認ができませんので予めご了承ください。

日本哲学会では、2014年度より、学生および常勤職にない会員等の年会費を減額する制度を導入しました。この制度の概要は、以下の通りです。

1、会費を払う年度において、学生であるかまたは常勤職にない会員等である場合に申請することができる。ただし、学術振興会の特別研究員およびそれに準ずる身分、収入のある者は除外する。

2、一年を単位として、年会費6000円を4000円とする。

3、減額制度の適用を望む会員は、本会所定の申請書に必要事項を記入し、日本哲学会事務局宛に郵送またはウェブフォームにて提出する。なお申請者は前年度までの会費滞納のないことを要する。

4、減額制度は一年ごとに適用される。引き続き減額を求める会員は、年度ごとに申請書類を事務局に提出するものとする。前年度の会費が未納の場合には、次年度の割引を受ける資格はない。

5、会費にかかる申請書の提出期間は毎年4月1日~同年5月末日とする。(必着)その期間内に申請を済ませること。申請者には事務局より減額の可否を記載のメールアドレスに通知する。(メールアドレスの記載のない方には郵送する。)当年度会費は事務局からの通知後に支払うものとする。

                                以上

申請書はこちらからダウンロードできます。年度途中に入会された方で会費減額の対象となる方は、入会後一ヶ月以内に会費減額の申請を受け付けます。詳細は入会後個別にご連絡いたします。

会費減額申請書  会費減額申請書(PDF)

申請頂いてから、内容を審査させていただく時間の都合上、減額承認の返答は6月以降に順次実施いたしますので予めご了承くださいますようお願い申し上げます。

岡山大学大会 懇親会中止について
『哲学の門:大学院生研究論集』第2号(ONLINE ISSN 2435-3639)
Call for papers for Tetsugaku vol.5
専任教員公募のお知らせ(西南学院大学)
2019年度日本哲学会若手研究者奨励賞および『哲学の門』優秀論文賞受賞者の決定について
第79回大会(2020年岡山大学大会)一般研究発表・公募ワークショップ予稿ダウンロード
第79回大会(2020年岡山大学)
科学技術倫理担当教員の公募(東京工業大学)
日本学術会議・学術フォーラム|ゲノム編集技術のヒト胚等への応用について考える(11/24)
第7回(2018年度)若手研究者助成対象者
Call for papers for Tetsugaku Vol. 4
日独合同シンポジウム開催のご案内(10/10)
学術領域科研「顔・身体学」後期公募班募集のお知らせ
会員連絡(201909)
日本哲学会大会 一般研究発表・公募ワークショップ応募要項(〆切10月末)
会長就任挨拶を公開いたしました
2018年度日本哲学会林基金出版助成・助成対象書籍刊行のお知らせ
日本顔学会大会公開シンポジウム開催のお知らせ|9月15日(日)
日本心理学会シンポジウム開催のお知らせ|9月11日(水)-13日(金)、立命館大学
公益社団法人 日本心理学会 機関誌 Japanese Psychological Research (JPR) 特集号論文募集のお知らせ