2006年度受賞者

2007/7/24 掲載 : 事務局

2006年度の日本哲学会若手奨励賞受賞者とその論文名、ならびに佳作を紹介します。

受賞者

以下の者が古茂田宏編集委員長からの選考過程説明を受け、野家啓一会長より表彰状と副賞(五万円)が授与された。

藤川直也 氏
「固有名と記述ーウェットスタインの「解消」に抗して」

 

 佳作

以下の者が、受賞者に次ぐ佳作と認められ、紹介された。

西村正秀 氏
「後期ライプニッツの形而上学における物体の存在論的身分」(英文)  

科学技術倫理担当教員の公募(東京工業大学)
日本学術会議・学術フォーラム|ゲノム編集技術のヒト胚等への応用について考える(11/24)
第7回(2018年度)若手研究者助成対象者
Call for papers for Tetsugaku Vol. 4
日独合同シンポジウム開催のご案内(10/10)
学術領域科研「顔・身体学」後期公募班募集のお知らせ
会員連絡(201909)
日本哲学会大会 一般研究発表・公募ワークショップ応募要項(〆切10月末)
会長就任挨拶を公開いたしました
2017年度日本哲学会林基金出版助成・助成対象書籍刊行のお知らせ
日本顔学会大会公開シンポジウム開催のお知らせ|9月15日(日)
日本心理学会シンポジウム開催のお知らせ|9月11日(水)-13日(金)、立命館大学
公益社団法人 日本心理学会 機関誌 Japanese Psychological Research (JPR) 特集号論文募集のお知らせ
笹川科学研究助成の募集(10/16まで)
教員公募のお知らせ 大阪大学大学院文学研究科
教員募集のお知らせ|北海道大学文学研究院・哲学倫理学研究室(分析哲学)9/10まで
Tetsugaku, Vol. 3 公開のお知らせ
Tetsugaku, Vol. 3 (2019)
「女性研究者への支援」事業の助成金情報
全国大学院生協議会よりアンケートご協力のお願い