林基金出版助成公募要項

日本哲学会では、若手・中堅会員による、哲学に関する基礎研究的かつ、学術的価値が高い論文(論文博士論文に相当するものないし課程博士論文の中で特にすぐれたもの)を公募し、その出版費用50万円を助成することになりました。下記要領をご確認の上、ご応募ください。

応募要領

1. 応募資格

当該年度会費を納入済みで応募時に40歳以下の日本哲学会会員であること。

2. 使用言語 

日本語、もしくは英語、ドイツ語、フランス語。

3. 応募条件

・出版予定先を明記のこと。

・単独著作であること(共著は不可)。

・既に出版されている論文が含まれている場合は、他所での発表履歴等、著作権に関する処理を出版に先だって、本人が責任を持って行うこと。

・他言語ですでに出版されたものの翻訳版等である場合はその旨明記すること。

4. 提出物

①応募調書 WORD   PDF 

②原稿(出版用として完成したもの)

③4000字程度の要旨

5、提出要領

①応募調書 印刷物3部及び電子ファイル

②原稿及び要旨の印刷物各3部及び電子ファイル

  • 印刷物は必要部数を揃え、封筒の表に「林基金出版助成応募書類在中」と明記の上、事務局宛に郵送のこと。 (なお、提出された原稿は返却しません。)
  • 電子ファイルは添付ファイルとしてEメールで日本哲学会事務局まで送ること。ファイルサイズが大きい場合はファイル転送サービス等を利用してもよい。

6. 応募締切

2月末日。審査結果は同年10月末日までにEメールで連絡する。

7. 審査

林基金運営委員会の責任において審査・選考する。

 

※ 尚、ご提出いただいた個人情報は厳重に管理し、学会事務に必要な範囲以外で使用することはございません。

Call for papers for Tetsugaku vol.5
専任教員公募のお知らせ(西南学院大学)
2019年度日本哲学会若手研究者奨励賞および『哲学の門』優秀論文賞受賞者の決定について
第79回大会(2020年岡山大学大会)一般研究発表・公募ワークショップ予稿ダウンロード
保護中: 『哲学の門:大学院生研究論集』
第79回大会(2020年岡山大学)
科学技術倫理担当教員の公募(東京工業大学)
日本学術会議・学術フォーラム|ゲノム編集技術のヒト胚等への応用について考える(11/24)
第7回(2018年度)若手研究者助成対象者
Call for papers for Tetsugaku Vol. 4
日独合同シンポジウム開催のご案内(10/10)
学術領域科研「顔・身体学」後期公募班募集のお知らせ
会員連絡(201909)
日本哲学会大会 一般研究発表・公募ワークショップ応募要項(〆切10月末)
会長就任挨拶を公開いたしました
2018年度日本哲学会林基金出版助成・助成対象書籍刊行のお知らせ
日本顔学会大会公開シンポジウム開催のお知らせ|9月15日(日)
日本心理学会シンポジウム開催のお知らせ|9月11日(水)-13日(金)、立命館大学
公益社団法人 日本心理学会 機関誌 Japanese Psychological Research (JPR) 特集号論文募集のお知らせ
笹川科学研究助成の募集(10/16まで)