会員連絡 (2003/07/31)

2006/5/2 掲載 : 日本哲学会事務局

お読みください。

I 総会および大会について

五月一七日(土)・一八日(日)の両日、本学会第五五回総会及び第六二回大会が東洋大学において開催され、参加者は約五〇〇名で盛況であった。

本総会における報告及び議決事項は左記の通りである(敬称略)。

議 長 挨 拶               村上勝三
委員長 挨 拶               加藤尚武
一 般 報 告               山田弘明
前年度決算報告            相楽勉
会計監査報告                千田義光
本年度予算審議            相楽勉
編集委員会報告            古茂田宏
その他(著作権関連事項)          相楽勉

(1) 一般報告

二〇〇二年度日本哲学会事業報告を既に配布した報告の記載通りに承認した。

(2) 会計報告

二〇〇二年度日本哲学会会計報告を既に配布した報告の記載通りに承認した。

二〇〇三年度日本哲学会予算を既に配布した報告の記載通りに承認した。

(3) 『哲学』掲載論文の著作権に関する委員会申し合わせ事項の報告があり承認した。
詳細は、後述の別項を参照されたい。

II 新役員組織について

(1)  委員

郵送および大会会場での投票による選挙結果にもとづき、次の方々に就任を依頼し承諾を得た。選挙結果は左記の通り。(開票立会人は、村上 勝三、相楽 勉の各氏)

  • 全国区(敬称略)

投票者数  一三一名・投票総数  一三一〇票

有効投票数 一一八〇票・白紙票総数 一三〇票・無効票数   〇票

加藤 尚武(八〇) 野家 啓一(五七) 坂部 惠 (五二) 飯田 隆(四六) 
石黒 ひで(四二) 伊藤 邦武(四一) 鷲田 清一(四〇) 小林 道夫(三五) 
高山 守 (三四) 古茂田 宏(三二) 野本 和幸(三〇) 尾関 周二(三〇) 
渡邊 二郎(二八) 藤澤 令夫(二七) 清水 哲郎(二六) 岩田 靖夫(二二)
天野 正幸(一六) 松永 澄夫(一四)

  • 地方区(敬称略)

投票者数  一三一名・投票総数  二六二票

有効投票数 二二二票・白紙票総数 三六票・無効票数 四票

北海道 地 区  坂井 昭宏 (七)     高田  純 (四) 
東 北 地 区     座小田 豊 (五)     篠  憲二 (五)
関 東 地 区  牧野 英二 (八)     クラウス・リーゼンフーバー(五)
中 部 地 区  山田 弘明 (八)     服部 裕幸 (四)
近 畿 地 区  川島 秀一 (三)     入江 幸男 (三)
中国・四国地区  山内 廣隆 (五)     高柳 央雄 (五) 
九州・沖縄地区  種村 完司 (四)     菅  豊彦 (二) 

※六月二一日に開催された第一回委員会において、委員長は野家 啓一氏に決定された。

(2) 会計監査(敬称略)

郵送および大会会場での投票による選挙結果にもとづき、次の両氏に就任を依頼し、承諾を得た。

投票者数  一三一名・投票総数  二六二票

有効投票数 一六八票・白紙票総数 九四票・無効票数 〇票

酒井 潔 (四)  熊野 純彦 (三)

(3) 編集委員

第一回委員会において次の会員に委嘱した(承諾済み、敬称略)
安孫子信  飯田隆  伊坂青司   石崎嘉彦 一ノ瀬正樹 入江幸男  岡部勉  
鹿島徹   門脇俊介 川添信介   熊野純彦 栗原隆   河野勝彦   小池澄夫 
坂井昭宏   榊原哲也 佐々木能章 柴田正良 渋谷治美   高田純      高山守   
戸田山和久 新田孝彦  納富信留   野矢茂樹  浜渦辰二 藤田正勝   山内志朗 
山内廣隆    山田友幸 渡辺憲正

※六月二一日に開催された第二回委員会において、高山守氏が編集委員会座長に就任することが決定され、七月一九日に開催された第一回編集委員会において、その旨が了承された。

(4) 幹事および事務局委員

事務局校会員の尾関 周二氏が幹事に、また古茂田宏氏が事務局委員に就任することが決定した。

III 「日本哲学会編集著作物に関する著作権規程」について

日本哲学会は二〇〇一年四月一日に学術著作権協会と「複写に係わる総合的権利委託契約書」を交わし、機関誌『哲学』の編集著作権の代行を依頼した。こ の契約の執行のために、日本哲学会刊行物の著作権規定を明文化する必要が生じ、委員会でこれに関する諸問題を二年にわたり話し合い検討した結果、「日本哲 学会編集著作物に関する著作権規程(案)」が作成され、本総会で原案通り承認された。

この著作 権規程のポイントは、『哲学』に掲載された論文の著者個人の著作権と学会の編集著作権の区別にあり、編集著作物である『哲学』からの複写利用に関しては、 その著作権は日本哲学会が有し、その代理執行を学術著作権協会に委ねるが、掲載された個々の論文の著作権は著者本人にあることを認めるということである。 従って、掲載論文を学会員本人が後に自分の著作に収録するのは自由である。

今後は、上記のことに関する承諾を、論文の掲載が決定された際に「承諾書」の形で編集委員会に提出して頂くことになります。

IV 来年度大会について

日本哲学会は二〇〇一年四月一日に学術著作権協会と「複写に係わる総合的権利委託契約書」を交わし、機関誌『哲学』の編集著作権の代行を依頼した。こ の契約の執行のために、日本哲学会刊行物の著作権規定を明文化する必要が生じ、委員会でこれに関する諸問題を二年にわたり話し合い検討した結果、「日本哲 学会編集著作物に関する著作権規程(案)」が作成され、本総会で原案通り承認された。

この著作 権規程のポイントは、『哲学』に掲載された論文の著者個人の著作権と学会の編集著作権の区別にあり、編集著作物である『哲学』からの複写利用に関しては、 その著作権は日本哲学会が有し、その代理執行を学術著作権協会に委ねるが、掲載された個々の論文の著作権は著者本人にあることを認めるということである。 従って、掲載論文を学会員本人が後に自分の著作に収録するのは自由である。

今後は、上記のことに関する承諾を、論文の掲載が決定された際に「承諾書」の形で編集委員会に提出して頂くことになります。

IV 来年度大会について

(1) 開催場所  南山大学

(2) 日  時  二〇〇四年五月二二日(土)・二三日(日)の予定

(3) 来年度大会は次のように行われることになった。

第一日目

午前 第一〜第三会場 一般研究発表

午後 総会

シンポジウム「グローバリゼーションという現実—理性の普遍性と文化の多元性」

・・・・・・・・提題者および司会交渉中

第二日目

第一〜第三会場(午前および午後) 一般研究発表 

特別会場

共同討議 I 「カント哲学の核心—没後二〇〇年を記念して」 ・・・・・・・提題者および司会交渉中

共同討議 II「進化論と哲学」 ・・・・・・提題者および司会交渉中

ワークショップ「哲学教育を考える」 ・・・・・・・・・世話人 宗像 惠氏

(4) 一般研究発表について

1. 応募方法 発表要旨を4に掲げる所定の書式にしたがってプリントアウトし、ホッチキスで留めたもの五部と「一般研究発表応募調書」一部を提出すること。

*郵送用封筒の表に「一般研究発表要旨在中」と明記すること

*応募した原稿は返却しない。

2. 応募締切 二〇〇三年一一月一三日(木)必着

3. 審査 編集委員会で審査・選考する。採用予定は二四名。結果は二〇〇四年三月ごろに通知する予定。

4. 発表要旨書式 B5サイズ三枚以内、横書き、三六字・三五行、フォント一〇ポイント、上余白三〇ミリ、下余白二五ミリ、左右余白二七ミリ。頁番号はつけ ないこと。ただし、一頁目のレイアウトは以下のとおり。上部の八行のうち第一行目と第八行目を空行にして、残りの六行のなかに題目、氏名、ふりがな、可能 であれば氏名の下に所属機関を収める。題目は、一二ポイント中央、副題がある場合には、一一ポイントまたは一〇ポイント中央、氏名は、一一ポイントまたは 一二ポイント右寄せ。ふりがなは、ルビの体裁でも、氏名の直後に丸括弧のなかに入れてもよい。所属機関は、九ポイント右寄せ、丸括弧に入れる。

*ワードプロセッサの仕様から生じる若干の差異を許容する。

*応募された原稿をそのまま版下として使用するので、右記書式(レイアウト)を遵守すること。また、インターネット上の学会HPにもこの書式を掲載する予定である。

 V 公募論文について

1) 応募資格 本会会員であれば誰でも応募できる。ただし、一般公募論文を『哲学』に連続して掲載することはできない。

2) 応募方法 原稿は四〇〇字詰め原稿用紙に換算して三〇枚以内(文献・注を含む)厳守。原稿五部、二〇〇語程度の欧文要旨(英・独・仏のいずれか)五部、「応募論文調書」一部を提出すること。原稿にも、氏名、ふりがな、可能ならば所属機関を明記すること。

*提出原稿は、A4サイズでプリントアウトされたものが望ましい。また、原稿ファイル(ワープロ用のファイルとテキストファイルの二種類)を収めたFD一枚を、氏名、題目、使用機種、ソフト名を明記して、同時に提出すること。

*郵送用封筒の表に「公募論文原稿在中」と明記すること。

*応募した原稿およびFDは返却しない。 

3) 応募締切 随時提出することができる。ただし、『哲学』第五五号への掲載のためには二〇〇三年九月一〇日(水)必着のこと。

4)審査 編集委員会の責任において審査・選考する。審査の過程で問題点を応募者に指摘し、書き直しの要求をする場合がある。また、不採用になったものについてはその理由を通知する。

*『哲学』第五五号に採用する論文は一五篇前後を予定している。右記の期限内に提出された論文であっても、採用された論文の数が多い場合、あるいは書き直し等により審査に日数を要する場合など、第五六号以降に掲載が延期されることもある。

VI 日本学術会議第一九期会員について

日本哲学会より推薦された加藤尚武氏が、日本学術会議第一九期会員として七月二二日に選出された。

VII その他

(1) 「哲学教育・倫理学教育を考えるワーキング・グループ」担当者からのお知らせ (内容は本インターネット版では省略します)

(2) 『名簿』の訂正および変更と、三月以降の新入会員名簿を同封致します。

(3) 会費納入のお願い

会費未納分のある方には振替用紙を同封しますので、会費をお納め下さい。未納分の合計は封筒の宛名ラベルの右下に表示してあります。(金額にマイナス符号が ついている場合は、入金超過ですので、お支払いになる必要はありません。またゼロのある方も同様です)。なお、行き違いの節はご容赦下さい。

領収証は郵便振替用紙の払込票をもってかえさせていただきます。

 (4) ご連絡は郵便またはFaxでお願いいたします。

Setouchi Philosophy Forum開催のご案内(6/30-7/1)
第77回大会(神戸大学)が終了しました
第5回「アメリカ哲学フォーラム」|神戸大学(6/23・24)
西田・田辺記念講演会のご案内|京都大学(6/2)
5/19-20日本哲学会大会「ネットワーキングランチ」会場変更のご案内
第77回大会(2018年神戸大学)一般研究発表・公募ワークショップ予稿ダウンロード
第77回(神戸大学)大会プログラム・一般研究発表・公募ワークショップタイムテーブル、予稿
会員の皆様へ|『哲学69号』、会員連絡、総会資料等送付のご案内
日本哲学会欧文研究誌 Tetsugaku: International Journal of the Philosophical Association of Japan, Vol.2 (2018)を公開しました
Tetsugaku, Vol. 2 (2018)
世界哲学会議(WCP)の招致活動開始についてーあわせてご寄付のお願いー
第77回大会(2018年神戸大学)
日本哲学会web論集『哲学の門:大学院生研究論集』応募論文公募要領
懇親会参加申請・託児費用申請フォーム
会費減額適用申請受付中(締め切り5月末日)|申請フォーム
2017年度日本哲学会若手研究者奨励賞受賞者の決定について
国際会議 4th CCPEA 開催のご案内
第1回金沢大学国際賞授賞者決定のご連絡
日本学術会議主催「人文社会科学系学協会男女共同参画推進連絡会(略称:GEAHSS ギース) 設立記念公開シンポジウムのお知らせ」
重要|【会員の皆様へ】登録情報の変更はお早めにご連絡ください
Peter Kail教授(Oxford)の連続講演会・ワークショップ開催のお知らせ
Call for papers for Tetsugaku vol. 3
The 47th International Meeting of Hongo Metaphysics Club(17th February)
会長挨拶
第9回地球研東京セミナー開催のお知らせ(1/27)
国際女性デー記念シンポジウム開催のお知らせ(3/10)|核の時代の個・種・ジェネレーション
第5回(2016年度)若手研究者助成対象者
事務局休暇期間のお知らせ|12月25日~1月5日
東洋大学専任教員(哲学科)の公募|応募締切1/15
ワークショップ開催「採択される論文、研究申請書の書き方」(2/18)|主催:日本哲学会男女共同参画・若手研究者支援委員
シンポジウム「因果・動物・所有:一ノ瀬哲学をめぐる対話」開催のご案内(12/23,24)
Kristeller-Popkin Travel Fellowships|Application deadline: December 1.
「NHK番組アーカイブス学術利用トライアル」2018年度第1回募集のお知らせ(12/25〆)
河合臨床哲学シンポジウム「非人称・前人称・無人称」のご案内
公募ワークショップ、一般研究発表の応募を締め切りました
お知らせ|Facabookページメンテナンス中です
哲学教育ワーキンググループ
京都議定書誕生20周年「地球環境京都会議2017」開催のご案内(12/10)
シンポジウム開催のご案内(11/13-15)|“The Impact of the Humanities and Social Sciences. Discussing Germany and Japan.”
教員募集の公募について|兵庫県立大学環境人間学部
PBJ (Project Bergson in Japan) 国際シンポジウム 2017開催のご案内
2018年5月日本哲学会大会日程について|5月18日(金)ー20日(日)
2018年5月日本哲学会大会 一般研究発表・公募ワークショップ応募要項(〆切10月末)
日中哲学フォーラムを開催いたしました
会員連絡(201709)
会長就任挨拶を公開いたしました
欧文誌 一般公募論文審査結果のお知らせは2017年10月末頃の予定です。
2018年度笹川科学研究助成の公募のお知らせ
日本哲学会組織図
新役員組織(2017-2018年度)
選挙管理委員会
日中哲学フォーラム プログラム、予稿集目次公開|「思索と対話による日中交流の深化:境界を架橋する哲学の役割」
公募情報|名古屋大学大学院人文学研究科 哲学分野・専門の教員
新学術領域研究「顔・身体学」キックオフシンポジウムおよび公募研究説明会のご案内
事務局夏季休暇期間のご連絡
欧文誌Tetsugaku一般公募論文受付中です(〆切:8月31日)
和文誌公募論文審査結果のお知らせは2017年9月末頃の予定です。
新役員組織決定のお知らせ
一般研究発表応募要項 
公募ワークショップ応募要項
金沢大学国際賞 応募募集のお知らせ(応募期間 7/1-12/15)
2017年度会費減額承諾通知を送付いたしました
第69回総会議事録を公開いたしました
日中哲学フォーラムのご案内|「思索と対話による日中交流の深化:境界を架橋する哲学の役割」
女子学生対象、MA Scholarshipのお知らせ|Concordia University
事務局移転のお知らせ(6月~)
『哲学』69号 応募論文公募期間のお知らせ(6月1日~6月末日)
論文公募要領 再訂正とお詫び
論文公募要領訂正とお詫び
第76回大会(一橋大学)が終了しました
「アメリカ哲学フォーラム」第4回大会開催のご案内
一般研究発表司会変更のご連絡(ベルクソンにおけるテ クスト解釈学)
第76回大会(一橋大学)大会プログラム・タイムテーブル・予稿・発表資料
5/19(金)哲学教育ワークショップの参加費につきまして
会費減額申請結果については6月以降順次お知らせいたします
2015年度(第4回)日本哲学会林基金出版助成・助成対象書籍刊行のお知らせ
2016年度日本哲学会若手研究者奨励賞受賞者の決定について
【会員の皆様へ】春の送付物発送のご連絡・会費減額適用申請受付中です(締め切り5月末日)
Tetsugaku, Vol. 1 (2017)を公開しました
Tetsugaku, Vol. 1 (2017)
International Association of Japanese Philosophyから大会と発表募集のお知らせ
第76回大会(一橋大学)のプログラムを公開しました
【会員の皆様へ】男女共同参画アンケートご協力のお願い(2/17まで)
【会員の皆様へ】会費納入のお願い(会費未納の方対象)
「地球の想像力~人新世時代の学び」開催のお知らせ(1/26)
「どう実践する!ジェンダー平等」公開シンポジウム開催のお知らせ(1/21)
一橋大学大会一般研究発表、公募ワークショップおよび欧文誌論文の募集を締め切りました
「NHK番組アーカイブス学術利用トライアル」2017年度第1回募集のお知らせ(12/22〆)
第16回河合臨床哲学シンポジウム開催のお知らせ(12/11)
ベルクソン『物質と記憶』国際シンポジウム開催のお知らせ(11/10-13)
「いのちはいかに語りうるか?」シンポジウム開催のお知らせ(11/26)
図書館総合展・学術著作権協会フォーラムのお知らせ(11/10-11/11)
第76回大会(2017年一橋大学)
欧文誌Tetsugaku特集論文募集(〆切:10月末日)
一橋大学大会(2017年5月)一般研究発表・公募ワークショップ発表者募集
【重要】不正アクセス被害について
ワークショップ開催のお知らせ『ポジティブ・アクションの根拠とは?』(10/16)
2016年夏の会員連絡について
国際心理学会 発表募集のお知らせ
世界哲学会ワーキンググループ
欧文誌検討ワーキンググループ
【「心理学に関する調査」(日本心理学会)】の協力のお願い
【大学院生の研究・生活実態に関するアンケート調査】協力のお願い
第4回(2015年度)若手研究者助成対象者
京都賞ワークショップのご案内
哲学教育ワークショップの資料を公開しました
2016年5月京都大学大会ワークショップ
大学評価・学位授与機構アンケート調査結果公開のお知らせ
平成29年度笹川科学研究助成の募集について
「日英共同カンファレンス ―近代ヨーロッパにおける理性・差異・寛容―」のご案内
日本女子大学教員公募のお知らせ
2016年
第75回大会(京都大学)が終了しました
第75回大会における一般研究発表の司会者が決定しました
「NHK番組アーカイブス学術利用トライアル」 2016年度第3回募集情報
「NHK番組アーカイブス学術利用トライアル」 2016年度第3回募集 (6月27日締切)
「哲学分野の参照基準」が公表されました
第75回大会(京大大会)の出欠フォームを設置しました。
第75回大会(2016.5 京都大学)のプログラムが決まりました
機関誌『哲学』公募要領改訂
金沢大学教員募集
東アジア現代哲学会(3rd CCPEA)
Editorial Board of Tetsugaku: International Journal
日本哲学会欧文誌Tetsugaku発刊のお知らせと投稿のお願い
Statement
金沢大学教員募集
日本哲学会欧文誌Tetsugaku発刊のお知らせと投稿のお願い
日本哲学会応募論文公募要領(日本語論文)
Tetsugaku: International Journal
Guidelines for Contributors to Tetsugaku: International Journal
日本哲学会応募論文公募要領(欧文一般公募論文)
Guidelines for Contributors(for members)
第3回(2014年度)若手研究者助成対象者
河合文化教育研究所臨床哲学シンポジウム「生きられる死」のご案内
国際シンポジウム「『物質と記憶』を解剖する――ベルクソンと現代知覚理論・時間論・心の哲学」のご案内
中世~17世紀ヨーロッパの科学史,学問論史,哲学史についての国際コロックのご案内
会長挨拶アップしました
日本哲学会「林基金」概要
林基金若手研究者研究助成
林基金出版助成公募要項
『理想』第695号「男女共同参画」特集号に日本哲学会男女共同参画 ・若手研究者支援ワーキンググループが企画したワークショップ(2013年~2015年)の 成果が中心に掲載されました
男女共同参画・若手研究者支援ワークショップ 「若手・非-常勤職研究者問題を考える」(2014年6月29日73回北海道大学大会)報告
国際交流基金
2015年5月上智大学大会ワークショップ
2014年6月北海道大学大会ワークショップ
新組織が設置されました
HP・事務局運営ワーキンググループ
将来構想特別委員会
2015年夏の会員連絡をアップしました
会員連絡用メールアドレス登録のお願い
『大学院生の研究・生活実態に関するアンケート調査】協力のお願い
2015年
2014年度受賞者
第75回大会(2016年京都大学)
役員組織(2015-2016)
日本学術会議公開シンポジウムのご案内
【重要】「哲学分野の参照基準」に対する意見の募集
応募論文の投稿について
2015年度会費減額申請締め切りました
第74回上智大学大会終了しました
上智大大会懇親会事前振込締め切りました
上智大学中世思想研究所ツアーのご案内
懇親会についてのお願い
日本学術会議第一部ニューズレター
74回大会@上智大学の詳細をアップしました
機関誌『哲学』66号発行しました
日本哲学会規則
HPがリニューアルしました
入会申込み
退会申込み
上智大会懇親会申込み方法をご確認ください
会員連絡を送付しました
大会ワークショップテーマ
日本哲学会会費減額制度
「科学上のブレークスルーに関するグローバルシンポジウム」が開催されます
バックナンバー
第74回大会(2015年上智大学)
日本哲学会研究倫理規定
著作権規定
About the Philosophical Association of Japan
日本哲学会役員選出・評議員選挙細則
歴代事務局校
日本哲学会歴代会長(委員長)
京都大学CAPE International Workshopのご案内
京都大学CAPE International Workshopのご案内
「日本で発見されたヘーゲルの自筆本」の展示会と講演会のご案内
東京大学南原繁記念出版賞第3回受賞者講演会
コスモス国際賞受賞記念講演会
若手研究者支援に関するアンケート結果
世界哲学の日
第73回大会(2014年北海道大学)
2014年
役員組織(2013-2014)
日中フォーラム報告者募集
第13回河合臨床哲学シンポジウム
富山大学教員募集
2013年度哲学若手研究者フォーラム
香港大学哲学科主催国際学会発表原稿募集のお知らせ
第72回大会(2013年お茶の水女子大学)
2013年度受賞者
2013年5月お茶の水女子大学大会ワークショップ
2013年
第2回(2013年度)若手研究者助成対象者
第1回(2012年度)若手研究者助成対象者
男女共同参画・若手研究者支援ワーキンググループ
2016年国際心理学会
NHKアーカイブス学術利用第2期研究募集
東京農工大大学院教員募集
東京理科大講師募集
稲盛財団 京都賞記念ワークショップ思想・芸術部門
林基金運営委員会
大会企画委員会
大会企画委員会規定
日本哲学会国際交流委員会規定
国際交流委員会
第71回大会(2012年大阪大学)
常葉学園大学より教員公募情報
2012年度受賞者
2012年5月大阪大学大会ワークショップ
2012年
役員組織(2011-2012)
「大震災と価値の創生」公開シンポジウム
滋賀医科大学 医療文化学講座(哲学)教授公募
北陸先端科学技術大学院大学教員募集
第3回日中哲学フォーラム11月19日、20日終了
日仏会館公開研究会「現代日本で哲学する」
平成24年度科学研究費助成事業募集
日本大学法学部「哲学」教員募集
7月8日緊急討論会「震災、原発、そして倫理」のお知らせ
第70回大会(2011年東京大学)
連続講演会延期のお知らせ
2011年度受賞者
2011年東大大会ワークショップ
2011年
ハンガリーにおける哲学者ならびに哲学研究の現今の状況に関する情報提供
日本哲学会役員選出・評議員選挙細則
IAPL 2011 35th anniversary IAPL conference
第3回日中哲学フォーラム
第9回プラトン・シンポジウム
2010年度受賞者・佳作者
2010年大分大会ワークショップ
2010年
役員組織(2009-2010)
実験経済学と実験哲学の国際会議(2010年3月27-28日)
第69回大会(2010年大分大学)
第68回大会(2009年慶應義塾大学)
機関誌「哲学」掲載論文の電子化について
2009年度受賞者
承諾書
2009年
公開質問状への回答
稲盛財団よりワークショップのお知らせ
第22回世界哲学会大会 東アジア哲学会セッションのご案内
第67回大会(2008年広島大学)
2008年度受賞者
2008年
役員組織(2007-2008)
国際女性哲学連合大会
2007年
2006年
シンポジウム「Humanities(人文学)と基礎学の危機」の開催について
第22回国際哲学会議2008年@ソウル
2007年度受賞者
第66回大会(2007年千葉大学)
2007年
2006年
会員連絡 (2006/07/31)
日中韓学術交流シンポジウム
日中韓学術交流シンポジウム日程
中国視察・学術交流の旅 日程 (追加募集中:先着順)
会員連絡 (2006/04/01)
男女共同参画推進に関するアンケート結果報告 (2006年3月)
2006年度受賞者
役員組織(2005-2006)
会員連絡 (2005/07/31)
第65回大会(2006年東北大学)
会員連絡 (2005/05/11)
第64回大会(2005年一橋大学)
2005年度受賞者・佳作者
2005年
2004年
会員連絡 (2004/07/31)
第63回大会(2004年南山大学)
会員連絡 (2004/04/01)
2003年
会員連絡 (2003/07/31)
第62回大会(2003年東洋大学)
会員連絡 (2003/04/01)
役員組織(2003-2004)
第61回大会(2002年九州大学)
役員組織(2001-2002)
過去の大会テーマ(1982~2012)
年度区切りについて
役員組織(1999-2000)