林基金運営委員会

2012/7/30 掲載 : 日本哲学会事務局

林基金運営委員会の委員構成、運営規定など

林基金運営委員会について

林基金を運営するために、「林基金運営委員会」を設置し、「林基金運営規定」を策定する。

【日本哲学会林基金運営規定】

第1条 本基金は、日本哲学会林基金と称する。

第2条 本基金は、故林繁夫氏からの寄付にもとづき、本学会ならびに会員の研究活動を支援・奨励することを目的とする。

その目的を達成するため、以下の事業を行う。

1若手会員の研究助成

2本学会ならびに若手・中堅会員の出版助成

第3条 本基金に林基金運営委員会(以下「運営委員会」という。)を置く。運営委員会は、本基金の運営に関する重要事項を審議し、日本哲学会理事会(以下「理事会」という。)にその議を報告する。

運営委員会委員7名および委員長1名は、理事会の議を経て、日本哲学会会長がこれを任命し、任期は2年とする。ただし、再任は妨げない。

運営委員は、必要により任期途中に補充を行うことができる。その任期は、残存期間とする。 

第4条 運営委員会の下には、第2条1と2の事業を実施するために、以下の作業部会を置く。各作業部会の部会委員および部会長は、運営委員会において決定し、任期は2年とする。ただし、再任を妨げない。 

1若手研究者研究助成作業部会(編集委員会がこれを兼務する。したがって、部会長は編集委員会委員長がこれを兼務し、部会委員は編集委員がこれを兼務することになる)

2出版助成作業部会

各作業部会に関する細則は、運営委員会においてこれを別に定める。

 第5条 林基金に関する監査は、日本哲学会の会計監査がこれを兼務する。

第6条 運営委員および委員長はすべて無給とする。

第7条 この規定の改正は、運営委員会の発議にもとづき理事会の議を経て、これを行う。

 

以上

林基金運営委員会メンバー

座長:鈴木泉
河野哲也、一ノ瀬正樹、古田智久、田坂さつき、小島優子、伊勢田哲治、榊原哲也(オブザーバー)

岡山大学大会 懇親会中止について
『哲学の門:大学院生研究論集』第2号(ONLINE ISSN 2435-3639)
Call for papers for Tetsugaku vol.5
専任教員公募のお知らせ(西南学院大学)
2019年度日本哲学会若手研究者奨励賞および『哲学の門』優秀論文賞受賞者の決定について
第79回大会(2020年岡山大学大会)一般研究発表・公募ワークショップ予稿ダウンロード
第79回大会(2020年岡山大学)
科学技術倫理担当教員の公募(東京工業大学)
日本学術会議・学術フォーラム|ゲノム編集技術のヒト胚等への応用について考える(11/24)
第7回(2018年度)若手研究者助成対象者
Call for papers for Tetsugaku Vol. 4
日独合同シンポジウム開催のご案内(10/10)
学術領域科研「顔・身体学」後期公募班募集のお知らせ
会員連絡(201909)
日本哲学会大会 一般研究発表・公募ワークショップ応募要項(〆切10月末)
会長就任挨拶を公開いたしました
2018年度日本哲学会林基金出版助成・助成対象書籍刊行のお知らせ
日本顔学会大会公開シンポジウム開催のお知らせ|9月15日(日)
日本心理学会シンポジウム開催のお知らせ|9月11日(水)-13日(金)、立命館大学
公益社団法人 日本心理学会 機関誌 Japanese Psychological Research (JPR) 特集号論文募集のお知らせ