日本哲学会『哲学』応募論文公募要領(2022年3月改訂)

1. 論文テーマと前提要件

  哲学に関するもの。ただし(使用言語が何であるかにかかわらず)未公刊のもの、応募の時点で他の学会誌などに投稿中ではないものに限ります。

2. 応募資格

 当年度までの会費をすべて納入済みの日本哲学会会員であること。ただし、同一年度には1本の論文しか応募できない。前年度の応募論文が不採択となった人を除き2年連続の投稿は認めない。
※共同執筆の場合、執筆者全員が会員である必要はありませんが、筆頭著者は会員に限ります。
※未入会の場合はご応募と同時に入会申込書をご提出いただき、「入会手続き中」として審査を行います。

3. 執筆要領

 以下の形式で応募して下さい。
(1) 二〇〇〇〇文字以内。(論文原稿末尾に文字数を明記してください)
(2) タイトル、注および文献表も、(1)に定めた容量に含む。
(3) 注についてはワープロ・ソフトの脚注・後注いずれの注作成機能も使わずに、論文末にまとめて記すこと。
※英数字などは1字と数えず、ワープロ・ソフトの自動字送り処理等に任せてよい。
(4)欧文要旨 300語程度の欧文要旨 (英・独・仏語のいずれか) とその日本語訳を作成すること。要旨も評価の対象ですので、使用言語を母語とする人による校閲を必ず受けてください。
(5)審査の方法は匿名による審査です。匿名性の確保のため、以下の点に留意して執筆・投稿してください。
  ※ 論文、欧文要旨とその日本語訳のすべてに、氏名と所属を記載しないでください。
  ※ 自著を参照する場合も、著者名や三人称を用いて他の文献と同じ形式で参照し、また繰り返し参照するなど自著であることをほのめかすような記述を避けてください。
  ※ 氏名、所属、自著についての情報は、掲載が決定した後に入れていただきます。

4.提出物

 ・原稿(上記(3)の執筆要領に従ったもの) 一部
  応募原稿には、氏名、ふりがな、所属機関名は記載しないこと。
 ・欧文要旨とその日本語訳 各一部
  氏名、所属機関名は記載しないこと。

  上記「原稿」「欧文要旨とその日本語訳」のファイル(PDF形式とWORD形式両方)を下記の5.提出要領に従って提出してください。

※ファイル名は「原稿_文字数」および「欧文要旨_ワード数」としてください(「文字数」および「ワード数」の箇所にはそれぞれ数字を入れてください)。ファイル名に応募者の名前が使われていて、査読者に応募者名が伝わってしまった場合受付が取り消されることがあります。

WORDテンプレート

5. 提出要領

ファイル、提出者情報のフォーム入力
  提出者情報等について事務局が指定するフォームに入力し、ファイルを送信する。(フォームは以下よりアクセスしてください

※提出前にファイルのプロパティ情報を確認し、筆者の情報が残されていないか確認し、残されている場合は削除した上で提出してください。プロパティはワードの場合には、ファイルを選択右クリック「プロパティ」「詳細」から、情報を削除できます。PDFは「ファイル」「プロパティ」からプロパティ情報が確認できます。削除の仕方がわからない場合には各自お調べください。

論文応募用フォーム
クリックするとフォームが開きます

※フォーム送信後、受信を確認する自動返信メールが届きますので、必ずそちらを確認してください。メールが届かない場合、登録が出来ていない可能性があります。どうしても送信がうまくいかない場合は email hidden; JavaScript is required にご連絡ください。

6.応募期間

 『哲学』次号掲載のための応募期間は6月1日から6月末日です。ただし、その期間内に提出された論文であっても、採用された論文の数が多い場合や、書き直し等により審査に日数を要する場合など、次々号以降に掲載が延期されることもあります。

7. 審査

 編集委員会の責任において、査読者に対して論文執筆者の氏名を示さない匿名審査制で審査・選考します。審査の過程で問題点を応募者に指摘し、書き直しの要求をする場合があります。書き直しの機会は二回までありえます。また、不採用になったものについても、その結果と理由を通知します。
※  執筆要領の形式に従っていなかったり、締め切りを過ぎたりするなど、公募要領に従っていない原稿は審査の対象外となりますので、注意してください。
※  かつて「不採用」と判定された応募者が、新たに論文を投稿し、この新規投稿論文が旧論文とほぼ同内容と判断された場合は、「二重投稿」とみなされて「不採用」となります。
※  ほぼ同内容の論文を和文誌『哲学』と欧文誌Tetsugaku: International Journal の両方に応募することも「二重投稿」とみなされて「不採用」となります。
※ ご提出いただいた個人情報は厳重に管理し、学会事務に必要な範囲以外で使用することはございません。

日本哲学会web論集『哲学の門:大学院生研究論集』第5号論文募集のお知らせ
Guidelines for Contributors to Tetsugaku: International Journal 
第81回大会(九州大学)を開催しました
Call for papers for Tetsugaku vol.7
秋季大会開催について|2022年11月27日(日)
「NHK番組アーカイブス学術利用トライアル」2022年度後期公募
第81回大会オンライン会場ページへのアクセス方法
第81回大会用マニュアル
令和5年度 長寿科学研究等支援事業「長生きを喜べる長寿社会実現研究支援」のご案内
東北大学大学院情報科学研究科「論理分析学分野」教員公募のお知らせ
第81回大会一般研究発表・公募ワークショップ予稿ダウンロード
第81回大会(2022年度九州大学)
第11回(2022年度)若手研究者助成対象者
2023年度フルブライト奨学金のご案内
第10回(2021年度)若手研究者助成対象者
2021年度日本哲学会若手研究者奨励賞および『哲学の門』優秀論文賞受賞者の決定について
2022年度の会費減額措置について|2022年度限定コロナ禍減額制度
『哲学の門:大学院生研究論集』第4号(ONLINE ISSN 2435-3639)
公開シンポジウム「ジェンダー平等をい かに基礎づけるか―ー異分野間対話ー―」オンライン開催
「NHK番組アーカイブス学術利用トライアル」2022年度前期公募