一般研究発表応募要項 

2015/8/5 掲載

次回大会日程はこちら>>

一般研究発表の応募要項です。応募書類はファイルのメール添付だけでなく、必ず郵送もしていただけますようお願いします。(メール不達トラブル等回避のため)また以下の応募フォームにも、応募の内容を入力し必ず送信してください。

1 応募方法
必要事項を記入した「応募調書」と下記4に掲げる所定の書式にしたがった「発表要旨」を作成し、ワード(またはテキストファイル)とPDFファイルを、メール添付にて事務局宛に送ること。また、印刷物も郵送すること。発表は日本語のほか、英語、独語、仏語も受け付ける。応募書類は返却しない。また以下の応募フォームにも、応募の内容を入力し必ず送信してください。

・応募調書(Word PDF) ※ダウンロードしてご記入ください。

一般研究発表応募フォーム 
(クリックするとフォームが開きます)


2 応募資格  
日本哲学会会員であること。ただし、応募時に会員でなくとも、入会申込み書を提出すれば、仮受領の形で受け付ける。 今年度会費は発表時までに必ず納入すること。

3 応募締切  10月末(2018年度は10月31日まで)
ファイル:当日中必着 印刷物:当日消印有効 

4 審  査   編集委員会で審査・選考する。結果は年内に通知する予定 

5 発表要旨書式 A4サイズ1枚以内、         
横書き、2段組み 27字・54行、フォント10ポイント、余白上下左右12.7ミリ。頁番号はつけないこと。

題目は、10ポイント左寄せ、副題がある場合には、9ポイント左寄せ、氏名は、10ポイント右寄せ。所属機関は、9ポイント右寄せ、丸括弧に入れる。

  • ソフトの仕様から生じる若干の差は許容。
  • 応募された原稿をそのまま使用するので、この書式(レイアウト)を遵守すること。

Wordをお使いの方は以下に上記書式を設定したファイルを用意しましたのでご利用ください。

・発表要旨(Word )

※尚、ご提出いただいた個人情報は厳重に管理し、学会事務に必要な範囲以外で使用することはございません。  

保護中: 日本哲学会 理事 会計監査 評議員選挙結果について
春の会員連絡、『哲学』等送付について
会費減額適用申請受付中(締め切り5月末日)|申請フォーム
『哲学の門:大学院生研究論集』第1号公開のお知らせ
2018年度日本哲学会若手研究者奨励賞および『哲学の門』優秀論文賞受賞者の決定について
Call for papers for Tetsugaku vol. 4
第78回大会(2019年首都大学東京)一般研究発表・公募ワークショップ予稿ダウンロード
第78回大会(2019年首都大学東京)
「顔・身体学」主催国際シンポジウム 「トランスカルチャーとは何か?心理学と哲学の協働」(3/2・3/3)
公開シンポジウム「トランスカルチャーとは何か?:心理学と哲学の協働」(3/2-3/4)
シンポジウム「理性から情動へ 〜 AI&データ時代、選択を委ねる人間たち」(3/12・東京)
Tokyo Workshop on Agency and Cognition 2019
フランクフルト大学フォアスト教授講演会(3月、東京・京都)
公開シンポジウム|自己をめぐる冒険〜現象学・ロボティクス・神経科学・精神医学の境界を超えて〜(2/20・21、東京大学)
Paolo Bonardi氏講演会「Dialetheism and Rational Belief」(1/27・大阪大学)
第2回金沢大学国際賞募集のお知らせ(~5/15)
専任教員募集のお知らせ|広島大学
事務局休暇期間のお知らせ|12月31日~1月8日
ゲノム編集による子どもの誕生についての声明
Consciousness Research Network第2回年会開催のお知らせ|1/23-25