若手研究者支援に関するアンケート

2013年9月から12月にかけて若手研究者支援に関するアンケートを実施しました。その結果を掲載します。

はじめに

日本哲学会は2013年9月から12月にかけて,若手研究者支援に関するアンケートを実施しました。郵送又はウェブ送信いずれかの方法でアンケートを回収いたしました。(関連する哲学系諸学会にも協力をお願いし,各学会会場での回収あるいは若手フォーラムHPを経由しての回答経路を確保させていただきました.)

今回寄せられたアンケート結果を全てここに公開し、日本哲学会の今後の善き在り方を、男女共同参画推進のみならず若手研究者支援という観点においても,継続的に鋭意検討する方針です。

アンケートに関心を寄せていただいた会員の皆様方に心より感謝申し上げます。

今後ともどうか皆様方の率直な御意見をワーキンググループまで随時お寄せ下さい。

 

 

日本哲学会男女共同参画・若手研究者支援ワーキンググループ一同
和泉ちえ (座長) , 小手川正二郎、岡本由起子、河野哲也、古田徹也、
中真生、飯田隆、小島優子、鈴木伸国、池田喬、金澤修、今村純子

会員アンケート結果

若手研究者支援に関するアンケート概要(Japanese,PDF)
Results of survey on support for young and part-time researchers(English,PDF)

自由回答 

 

 

関連諸学会アンケート結果

概要

自由回答

世界哲学会議(WCP)招致に関する寄附のお礼と会計報告について
第78回大会(首都大学東京)を開催しました
アメリカ哲学フォーラム第六回大会|6月22日-23日、京都大学
国際フッサール・カンファレンスの開催(静岡大学:5月30、31日)
保護中: 日本哲学会 理事 会計監査 評議員選挙結果について
春の会員連絡、『哲学』等送付について
会費減額適用申請受付中(締め切り5月末日)|申請フォーム
『哲学の門:大学院生研究論集』第1号公開のお知らせ
2018年度日本哲学会若手研究者奨励賞および『哲学の門』優秀論文賞受賞者の決定について
Call for papers for Tetsugaku vol. 4
第78回大会(2019年首都大学東京)一般研究発表・公募ワークショップ予稿ダウンロード
第78回大会(2019年首都大学東京)
「顔・身体学」主催国際シンポジウム 「トランスカルチャーとは何か?心理学と哲学の協働」(3/2・3/3)
公開シンポジウム「トランスカルチャーとは何か?:心理学と哲学の協働」(3/2-3/4)
シンポジウム「理性から情動へ 〜 AI&データ時代、選択を委ねる人間たち」(3/12・東京)
Tokyo Workshop on Agency and Cognition 2019
フランクフルト大学フォアスト教授講演会(3月、東京・京都)
公開シンポジウム|自己をめぐる冒険〜現象学・ロボティクス・神経科学・精神医学の境界を超えて〜(2/20・21、東京大学)
Paolo Bonardi氏講演会「Dialetheism and Rational Belief」(1/27・大阪大学)
第2回金沢大学国際賞募集のお知らせ(~5/15)