日本哲学会応募論文公募要領(欧文一般公募論文)

Guidelines for Contributors to Tetsugaku: International Journal に一部不備がありました。赤字で追記をしております。応募前にご確認をお願いいたします。

本学会に未入会の方は仮入会として手続きいたします。応募時に入会申込書もご提出ください。

日本哲学会応募論文公募要領(欧文一般公募論文)

  • 1 論文テーマ

    哲学に関するもの。ただし(使用言語が何であるかにかかわらず)未公刊のもの、他の学会誌などに投稿していないものに限ります。

  • 2 応募資格

    当年度までの会費をすべて納入済みの日本哲学会会員であること。ただし、前年度の欧文誌Tetsugakuに公募論文が掲載された者を除きます。

    ※共同執筆の場合、執筆者全員が会員である必要はありませんが、筆頭著者は会員に限ります。

  • 3 執筆要領

    (1)欧文の論文は欧文誌Tetsugakuに掲載するので、欧文誌のGuidelines for Contributors to Tetsugaku: International Journalに従って執筆してください。
    (2)審査の方法は匿名による審査です。匿名性の確保のため、以下の点に留意して執筆・投稿してください。
      ※ 論文、欧文要旨とその日本語訳のすべてに、氏名と所属を記載しないでください。
      ※ 自著を参照する場合も、「拙論」「拙稿」といった記載をせず、 他の論文と同様に指示してください。
      ※ 氏名、所属、自著についての情報は、掲載が決定した後に入れていただきます。

  • 4 提出物 次の(1)(2)の両方を提出してください。

    (1)印刷物

    ・原稿 1部

    応募原稿には、氏名、所属機関名は記載しないこと。

    ・欧文要旨 1部

    A4判用紙に印刷して下さい。氏名、所属機関名は記載しないこと。

    ・「応募論文調書」  1 部

    指定書式に必要事項をご記入ください。調書の書式 : [pdf ] [word ]

    ※論文の使用言語を母語としない投稿者は、原稿を校閲した使用言語のネイティヴ・スピーカーの氏名を調書に明記してください。

    (2)ファイル

      上記「原稿」「欧文要旨」「応募論文調書」のファイル(PDF形式とWORD形式両方)。

  • 5 提出要領

    (1)印刷物 

    論文原稿、欧文要旨、応募論文調書を揃え、封筒の表に「公募論文原稿在中」と明記の上、事務局宛に郵送のこと。 (なお、提出された原稿は返却しません。)

     提出先事務局の住所

    (2)ファイル

    論文原稿、欧文要旨、応募論文調書を添付ファイル(PDF形式とWORD形式両方)とし、Eメールで日本哲学会事務局(email hidden; JavaScript is required)まで送ること。なお、メールの件名は「日本哲学会欧文誌公募論文投稿」とすること。

    (3)提出者情報のフォーム入力

論文タイトルおよび提出者情報等について事務局が指定するフォームに入力し、送信する。

 

提出者情報入力フォームクリックするとフォームが開きます

 


  • 6 応募期間

    Tetsugaku次号掲載のための応募期間は8月1日から8月末日です。ただし、その期間内に提出された論文であっても、採用された論文の数が多い場合や、書き直し等により審査に日数を要する場合など、次々号以降に掲載が延期されることもあります。

  • 7 審査

    編集委員会の責任において、査読者に対して論文執筆者の氏名を示さない匿名審査制で審査・選考します。審査の過程で問題点を応募者に指摘し、書き直しの要求をする場合があります。また、不採用になったものについても、その結果と理由を通知します。

    ※かつて「不採用」と判定された応募者が、新たに論文を投稿し、この新規投稿論文が旧論文とほぼ同内容と判断された場合は、「二重投稿」とみなされて「不採用」となります。

    ※ほぼ同内容の論文を和文誌『哲学』と欧文誌Tetsugakuの両方に応募することも「二重投稿」とみなされて「不採用」となります。

    ※書き直し再投稿、字句修正指示を受けた修正稿を提出する場合は、論文原稿、欧文要旨、論文調書を添付ファイルとしてEメールで日本哲学会事務局まで送付し、印刷物は採用が確定した後指示を受けてからお送りください。

    ※書き直し再投稿、修正稿の審査結果が出た後、改めて確定稿について使用言語を母語としない応募者はネイティヴ・スピーカーによる校閲を受けたうえでご提出ください。

    ※締め切りを過ぎるなど、公募要領に従っていない原稿は審査の対象外となりますのでご注意ください。

    ※ ご提出いただいた個人情報は厳重に管理し、学会事務に必要な範囲以外で使用することはございません。

2018年度日本哲学会若手研究者奨励賞および『哲学の門』優秀論文賞受賞者の決定について
Call for papers for Tetsugaku vol. 4
第78回大会(2019年首都大学東京)一般研究発表・公募ワークショップ予稿ダウンロード
第78回大会(2019年首都大学東京)
「顔・身体学」主催国際シンポジウム 「トランスカルチャーとは何か?心理学と哲学の協働」(3/2・3/3)
公開シンポジウム「トランスカルチャーとは何か?:心理学と哲学の協働」(3/2-3/4)
シンポジウム「理性から情動へ 〜 AI&データ時代、選択を委ねる人間たち」(3/12・東京)
Tokyo Workshop on Agency and Cognition 2019
フランクフルト大学フォアスト教授講演会(3月、東京・京都)
公開シンポジウム|自己をめぐる冒険〜現象学・ロボティクス・神経科学・精神医学の境界を超えて〜(2/20・21、東京大学)
Paolo Bonardi氏講演会「Dialetheism and Rational Belief」(1/27・大阪大学)
第2回金沢大学国際賞募集のお知らせ(~5/15)
専任教員募集のお知らせ|広島大学
事務局休暇期間のお知らせ|12月31日~1月8日
ゲノム編集による子どもの誕生についての声明
Consciousness Research Network第2回年会開催のお知らせ|1/23-25
若手研究者支援に関するアンケート
教員募集のお知らせ|関西大学社会安全学部(2月末まで)
ワークショップ開催のお知らせ|RATIONALITY, REPRESENTATION, AND REALITY
2018年5月哲学教育ワークショップ資料掲載