公募ワークショップ応募要項

2015/8/5掲載(2022/5/26更新)

ワークショップ企画を会員のみなさまから募ります。応募要項をご確認の上、ふるってご応募ください。尚、応募書類は下記応募フォームから提出いただく他、印刷物も郵送ください。

従来、日本哲学会では、一般研究発表を会員のみなさまから募集していましたが、それに加えて、あるテーマのもとに複数のひとたちが発表しフロアを交えて議論するワークショップの企画も募集します。

これまで共同で研究を行って来た成果を大会参加者のみなさまと共有したいという形のもの、あるいは、共通するテーマをたがいに独立に研究してきた人たちが一堂に会する機会をもつという形のもの、あるいは、また別の形態のものと、さまざまなものが考えられるでしょう。

 哲学はもともと、他の専門領域と無関係になされてきたわけでありません。哲学以外の領域との交渉を積極的にすすめる意味で、ワークショップの提題者は日本哲学会の会員である必要はないこととします。ただし、企画の責任は、そのオーガナイザーにありますので、オーガナイザーは会員の方に限ります。

 どうかみなさま奮って応募ください。

 (1) 開催予定スケジュール
 2023年5月 春季大会
 2022年11月27日 秋季大会

(枠数は未定、2時間半を予定しています。)

ワークショップ応募要項
ワークショップの応募要項です。確認の上ご応募ください。

1 応募方法

下記4に掲げる所定の書式にしたがって作成した「応募調書」及び「企画要旨」のPDFファイルを以下のフォームより提出すること。また、印刷物も郵送すること。 

春季(5月)大会公募ワークショップ応募フォーム 
(クリックするとフォームが開きます)

秋季(11月)大会公募ワークショップ応募フォーム 
(クリックするとフォームが開きます)

2 応募資格
主催者、オーガナイザーは日本哲学会会員であること。提題者は非会員でも可。当年度会費は発表までに必ず納入すること。

3 応募締切
 秋季大会 7月1日~7月25日
 春季大会 10月末日
 〆切当日中にフォームからのデータ必着のこと。印刷物は当日消印有効です。

4 審  査   
大会企画委員会で審査・選考する。 採否結果は秋季大会は8月中に、春季大会は12月中に通知します。

5 企画要旨書式 A4サイズ1枚以内

横書き、2段組み 27字・54行、フォント10ポイント、余白上下左右12.7ミリ。頁番号はつけないこと。        

題目は、10ポイント左寄せ、副題がある場合には、9ポイント左寄せ、氏名は、10ポイント右寄せ。所属機関は、9ポイント右寄せ、丸括弧に入れる。

  • ソフトの仕様から生じる若干の差は許容。
  • 応募された原稿をそのまま使用するので、この書式(レイアウト)を遵守すること。

Wordをお使いの方は以下に上記書式を設定したファイルを用意しましたのでご利用ください。

・応募調書(Word )(PDF

・企画要旨Word

ご提出いただいた個人情報は厳重に管理し、学会事務に必要な範囲以外で使用することはございません。

第81回大会(九州大学)を開催しました
Call for papers for Tetsugaku vol.7
秋季大会開催について|2022年11月27日(日)
「NHK番組アーカイブス学術利用トライアル」2022年度後期公募
第81回大会オンライン会場ページへのアクセス方法
第81回大会用マニュアル
令和5年度 長寿科学研究等支援事業「長生きを喜べる長寿社会実現研究支援」のご案内
東北大学大学院情報科学研究科「論理分析学分野」教員公募のお知らせ
第81回大会一般研究発表・公募ワークショップ予稿ダウンロード
第81回大会(2022年度九州大学)
第11回(2022年度)若手研究者助成対象者
2023年度フルブライト奨学金のご案内
第10回(2021年度)若手研究者助成対象者
2021年度日本哲学会若手研究者奨励賞および『哲学の門』優秀論文賞受賞者の決定について
2022年度の会費減額措置について|2022年度限定コロナ禍減額制度
『哲学の門:大学院生研究論集』第4号(ONLINE ISSN 2435-3639)
公開シンポジウム「ジェンダー平等をい かに基礎づけるか―ー異分野間対話ー―」オンライン開催
「NHK番組アーカイブス学術利用トライアル」2022年度前期公募
名古屋市立大学大学院人間文化研究科「西洋哲学」教員公募のお知らせ
日本哲学会研究倫理規程